rythme

BLOG

2018.05.25ブログ

農薬の与える影響

先日フェイスブックの方にシェアさせてもらった

農薬の影響についての記事ですが、こちらでも補足をと思いまして。

(フェイスブックで長々と書いても・・・なので)

http://noc-cotton.org/noc-column/2025年には、-二人に一人の子供が-自閉症になる虞(

これは私のアロマの先生がとあるブログから見つけてきた2015年の記事です。

まずはご一読ください。

 

 

そして今私が思うことは、子を持つ母として思うことは、

現状もこの3年前とほぼ変わらないと言っていいでしょう。

 

もっと言えば、10年前ともほぼ変わらないかもしれません。

 

私はFBの方で「この間 近所のドラッグストアの入り口に、

何事もなく「ラウンドアップ」が山積みされておりました。」

と書きました。

 

このラウンドアップとはアメリカのモンサント社の製品名です。

モンサント社とは最近映画などで名前が知られるようにもなりましたが、

遺伝子組換え作物を作っている会社です。

いいですか、「遺伝子組換えではない」ではないですよ

「遺伝子組換え」された種を売ってる会社です。

すでにEUでは15か国以上が使用を禁止しています。

ちなみに日本では8種類の農産物を除き、表示の義務もありません。

 

加えて、このラウンドアップをはじめとした除草剤を売っています。

何が悪いかはググってもすぐ出てきますよ

ラウンドアップの主成分であるグリホサートについてモンサント社が

「人や環境に有害な影響を引き起こすことはありません」とした広告が

虚偽だとして、本国ニューヨークでもEUでも判決が下されています。

 

最初に戻ります。

 

我が家の近所のドラッグストアでは山積みされていました。

 

優しい、人を疑わない日本人、基本的にとてもいいことだと思います。

しかしそうも言ってられない現実にも気づくべきでしょう。

こんな冊子も置いてありましたよ



 

さらに、長くなりますが・・・

 

FBには「日本の食べ物、決して安全ではありません」とも書きました。

 

「中国製は怖い、国内産は安全」という概念はもう捨てましょう

たいして変わらないんですよ、、残念ながら、、、

 

こうして海外でどんどんオーガニックが見直されていく中、

日本は経済関係のためなのか、金銭の癒着のためなのか、日本ならまだ使ってくれるからと、

海外で使用禁止になったものが流れ着く場になっております。。。

 

しかし、ここで農家さんを責めることはできないはずです。

 

なぜなら綺麗な見た目のものを欲しがったのは、

私たち消費者だからです。

 

便利さやうわべの美しさを求めすぎた結果、農作物に限らず、

私たちは本当に大切なものを見失っているように感じざるを得ません。

今一度子どもの頭に戻って感じてみましょう。

 

原発だって、後処理できないものを作ってはいけません。

子どもだってわかる。

「出したら片付けなさ〜い!!」とお母さんは子に教えていますよね

 
眼のチカラ

ご予約はこちらから



0467-67-7535


※施術中は出られませんので留守電にコメントを残してくだされば折り返しいたします