10周年迎えました!

いつもrythmeをご利用いただきましてありがとうございます。

お陰様で、rythmeは10月で10周年を迎えました!

この度、いつもご贔屓くださっているお客様に
ささやかながら香りのプレンゼントをしたいと
精油を垂らして香りをつけたしおりを用意しました。

rythmeの名刺を作ってくださった方が
素敵なデザインを考えてくださいました^ ^
まだたくさんの方にお渡ししたいのでいつでもお声がけください!

・・・・・

混沌とした2020年、私自身も鬱っぽくなることがありました。

家にいることが好きな私でも、家に居ろと言われるとまた心持ちは違うものです。

外に出てもみんなの笑顔が隠されてまともに見れない。
誰かに何か言われるのではないかとビクビクしている。
うつす、うつされる、そんなことで人を疑ったり人のせいにしたり。

そんな世の中を期待して生きているわけではありません。

朝日を毎日浴びて、今日も心臓が動いてくれる
自分や大切な人が今日も元気でいられる、
地球が与えてくれた環境に感謝して、自然に感謝して生きる。
人間本意ではなく地球上のものと共存して繁栄していく。

そんな明るく前向きな日々をイメージし続けてほしいと願い
皆様の手元に届けました。

11月からは11年目ということで
また経験を生かしつつも気持ちを新たにして
本当に健康に生きることを追求してまいりたいと思います。

今後ともどうぞrythmeをよろしくお願いいたします。

ワクチンについて考えよう

新型コロナワクチンの登場。
それに伴いインフルエンザワクチンの今年の無償化。

ワクチンについては今に始まらず、幼少期に誰もが通ってきた、
または考えてきた道と思います。

そのワクチン、年々その量が増えに増えてしまっていること、
ご存知ですか?
それに疑問は感じませんか?

日進月歩の現代医療であるとするならば、
どんどん医療が病気を解明できて、
ワクチンも年々減少してしかるべきではないでしょうか。

しかし、善良なお医者からの情報によると、

50年前は2種類でよかったワクチンが、
最近では18歳までに69種類もの用意が。
さらに200種類のワクチンをテスト中とのこと!

私達大人が幼少期に打った数より何倍も多くなっているという現実。

これはサロンのお客様が
「どうも孫がひっきりなしにワクチンの接種を保健所から言われてくる
が、こんなに量が多かったかなあ。。」というので、
改めて数を調べてみようと気付かされた次第。

ワクチンの原理は、”毒を以て毒を制す”こと。
体の中に少量の毒を入れることでビックリ反応(特異的免疫反応の誘導)
を起こすことが原理のため、毒物が入っていることはある意味当然です。
風邪になってそのウイルス免疫がつくのと同じと考えれば
その考え方自体に反論はしません。

・・・しかし。その有効性が証明できるデータは「ない」のです。

ワクチンの登場のおかげで該当する病気がグッと減少した、
と時系列死亡者数を示すデータなども出回りますが、読み込むと、
ワクチン登場の何年も前から「基本的衛生環境が整ったおかげ」で
死亡者数は減っているのです。

明らかに裏があると思ったほうがいいです。

ワクチンが有効でしかも安全なものなら、
製薬会社はもっと情報を広く公開して、堂々としていればいい。
それができてないのが何よりの証拠。

ワクチンの構成材料を知っていますか?

水銀、アルミなどの重金属を筆頭に、ヒト中絶胎児組織、
牛血漿、猿腎臓、マウス脳、ホルムアルデヒド、、
恐ろしいことになっています。
それらは消化されることなく、毒として体の中に溜まって
後々副作用として悪さをすることになるのです。

100歩譲って一昔前の量なら体の元々のエネルギーでまかなえていた
のでしょうが、さすがに今の量は閉口せざるを得ません。

ありがたいことに、rythmeにはまだ小さい我が子に
「こんなに注射を打たせることに疑問を感じています、、」
と不安を感じる若いママさんたちが相談にやってきてくれます。
子育てを頑張っている姿に私も涙が出るほど励まされます。
中には「親の責任放棄だ」と言われて心が折れる方もいらっしゃいます。
あなたは平気で自分の子どもに打つのですかと私ならその医者に言って
やるんですけどね!爆

万が一のリスクをとってワクチンを打つか、
かなりの確率で発症する副作用を避けて打たないか、
最後に判断するのはもちろん私ではありません。

でも。本当の健康のために。
立ち止まって、一度でも、いや何度でも、考えて欲しいのです。

あ、そういえば新型コロナワクチンについては端折りますが、
「もってのほか」と言っておきます。
異論、不安のある方は、どうぞご自分で調べてください。
副作用どころか生死を分けることですから。

新聞に掲載されました

基本的に大手の新聞やテレビは読まないし、見ません。

なぜなら情報操作がされていて参考にならないからです。

そもそもスポンサーがつくということはそういうことです。

しかし探せばスポンサーをつけず頑張っている新聞があるものです。

「週刊事実報道」は週1で郵送される4ページしかない新聞ですが、
スポンサーがない分、媚びることない事実をかける新聞であり、
また現代社会の歪みを考えさせられる良い機会になっています。

先日、一読者として紙面を割いてもらいました。

一人でも多くの人の気づきになれば幸いです。

石鹸ワークショップやりました

数名の方からのご要望がありましたので、
10月1日はオープンサロンの日ですが、
午前中を利用して「石鹸ワークショップ」やりました。

実はアロマテラピーよりも私にとって作成歴が長い石鹸。
(15年間絶やさず)

我が子たちは私の作る石鹸以外で体を洗ったことはほぼありません。

時に旅行先で使うボディソープも最初は物珍しさに喜んでましたが、
近頃は旅行先にも石鹸を持って行ってます(率先して用意するのは娘)

最近ではニキビで悩むお年頃のお友達に私の石鹸を渡してました笑

ニキビも毛穴の黒ずみも手作り石鹸で綺麗になるし、
かといって洗い上がりが突っ張らない。
というか娘は普通の石鹸がつっぱるということさえおそらく知らない笑

そんな本当の石鹸の良さをワークショップの間に伝えられたかな。。


現代において、あまりに人工香料と人工界面活性剤が幅をきかせていることに対する私の憤りもあって説教臭くもなりましたが(汗)、後日皆さんから送られてきた型抜き後の写真から石鹸愛が伝わってきて嬉しくなりました^ ^

要領はわかったけれど、またみんなで作りたい!
との参加者さんの声がありましたので、今後の様子で
また石鹸会やるかもです^ ^

参加者さんの作品です!上手に型抜きされてて驚き!

新規開講につき募集中!(週2回ペース)

お客様のペースに合わせて随時開催しております、アロマアドバイザーコースですが、この自粛期間を利用して集中講座を希望されている方がいらっしゃいます。

8月末より週2回で進めて参ります、ご興味のある方でグループで受けたいとお考えの方、お早めのアクセスをお待ちしております^ ^

[contact] のページから遠慮なくご質問ください。

お客様の声(アロマ講座)

平塚市・20代・K様より

NARDアドバイザーコースを受講するきっかけや受講して良かったことはなんですか

アロマというとリラックス!だけしか頭に浮かばなかったのですが、受講してみて様々な症状を改善してくれるお薬のようなものだと知れた。
こういう時はこのアロマを使おう!と今では白いお薬は飲まず健康でいれています。

授業の雰囲気はいかがでしたか

人生経験(結婚、出産、育児etc.)を積んだ先生と、一緒に受講した生徒さんのお話をたくさん聞けたことがとても良かったと思っています。

アドバイザー試験はいかがでしたか

試験を受けてみて勉強不足だな〜と思いました。
しかし、試験のために改めて勉強し始めると身についてきているのがわかりました。

学んだことをどのように活かしたいですか

今の仕事でアロマを使っているのでお客様にアドバイスしてリラックスだけでない効果を知ってもらいたい。
将来お店をオープンした時に自分が先生のようになれるようになりたい。
まだまだこれから精油について勉強したりステップアップしていきたい。

————————————-

K様試験お疲れ様でした!勉強は大変そうでしたが自粛期間をうまく利用されましたね、合格おめでとうございます^ ^
K様はすでにトリートメントの現場で働いるので、精油の効果を知りながら即活かせる場がありました。私も施術をするので、現場での考え方やお客様への勧め方などを伝えられる良い機会でした。平塚に素敵なサロンができるのを楽しみにしています!
また受講中にご結婚され、これから妊活をされるということで、出産される前にアロマの知識が身についたのは本当に羨ましい!(私は出産後だったので)知識をフル活用して楽しい妊婦生活をお過ごしください^ ^

物事をどう見るか

今年は長く梅雨が続き、子どもたちの夏休みも期間がずれ、あっという間に8月に入ってしまいました。2週間だけの夏休みもあっという間に終わりそうです。秋に控えた運動会、体育祭、文化祭などなど。子どもたちにとって1つでも楽しい行事が無事行われることを願っています。

さて先日は政府や都の政策や、不安を煽るばかりのメディアに悲痛の叫びを上げてしまった私ですが、私だけでなくみんな迷惑してるよな、、と反省。とはいえ削除するのは卑怯かと、せめてしばらくは以前のブログも残しつつ。

心身の健康を扱う人間としては、ただただ皆様の健康を祈っています。この際コロナが何者であったとしても、つまりは皆が健康であるために何ができるか、という私の目標地点は同じです。

1つ言えるのは、1つの事象でも見る角度は1方向だけではないということです。

コップに半分水が入っていたとして、
「まだ半分もある」 と思うのか
「あと半分しかない」 と思うのか
現象は一緒でも、この気持ちの違いは各人の気持ちの持ちようだけなのです。同じ歴史1つとったって、各国で思いは違いますよね。

メディアから受け身で情報を得ているのだとしたら。
そしてそれにより不安や恐怖を手放せないのだとしたら。


一旦テレビ・PC類を手放し、1日以上情報を遮断し、自分でどう思うかを考え、そして情報をとりにいく、ということをしてみましょう。見えてくる景色が違うと思います。

話し出すと何時間でも喋れる奥が深い問題ですが、日本人は特に戦後は受け身の制御された内容での教育を受けているため、自分で考え、意見し、討論するということに慣れていないし、そこで良くも悪くも目立つことをよしとしません。が、一歩外に出てみましょう。意見ができない人間は、なんとカス扱いされることか。英語の発音なんてぶっちゃけどうでもいいです。日本から一歩でると「日本人」を背負っています。愛を持ってどれだけ日本を語れるかであなたの立ち位置は決まります。

話がそれましたが、これを機会にぜひ「自分はどう考えるか」を大切にして、そして意見が違っても恐れず、私は私と言える勇気を各人が持てたらな、と思います。残念ながら個性を大切にできる土台が日本は全くできてないことも今回のコロ助騒ぎで改めて認識もできましたが。。変わらないといけないなという反省が浮き彫りになったというのはよかったですよね。

毎日不安や恐怖で家に閉じこもっていると、体も心も硬くなり、柔らかい発想ができなくなります。光を浴び、土に触れ、自然と共存させてもらうと体も心も柔らかくなります。それが人間の自然の姿と思います。

今はマスクをしたり、消毒したり、シートで空間を分けたりしていますが、実際は「マナー」として「格好だけ」マスクしたり、お釣りも手渡ししたり、その手袋もつけっぱなしでかえって汚かったりしていて笑える場面も増えてきました。

私自身も今日竹布でできたマスクを購入しました。明らかに布はスカスカです笑、ウイルスガードもへったくれもありませんが、これからの夏本番にむけてどうしてもマスクを着用しないといけない時のいわば「なんちゃって」策です。売っている方もわかっててやってますよね、よっぽどのサージカルマスクじゃないと本来の意味をなさないことくらい。なので経済を少しでも回す方に便乗してみました笑

毎日不安で過ごす前に、毎日この心臓が動いてくれて今日という日を過ごせることに感謝しようじゃありませんか。後ろ向きな毎日、前向きな毎日、どちらも同じ時間の使い方です。ならば少しでも楽しい方がいいですよね。みんなが「ありがとう」という気持ちを持てば世界は今からでも変われると信じています。

電磁波DVD上映会(8/1)

毎月1日はオープンサロンの日とさせていただいております。

毎月どなたかがいらしてくださり、直接アロマや整体のことではないけれど、子育てや健康のことでお話しができて充実しております^ ^

ところで昨今心配されている「5G」
世界的にも議論を呼んでおり、毎日聞こえない日はないのですが、どうも日本の大手メディアではメリットしか聞こえてきません。それはそうですよね、大切なスポンサーですから悪口になるようなことは言えないのです。

しかし電磁波は目に見えないからなかなか認識しづらいですが、携帯やPCその他の電化製品がここまで普及しているのに体が影響を受けないわけがありません。その上、まだ安全性がしっかり確認されていないという5Gを簡単に受け入れてはいけないと思うのです。

とはいえ、もはやそれらのない世界は考えられないくらいの普及を考えると、うまく共存していくしかないようです。でもどうやって?

8/1のサロンでは、電磁波とどううまく付き合っていくか、DVDを鑑賞しながらお話ができたらいいなと考えています。

もちろんその他のお話でもOK!参加のご連絡お待ちしています。

お客様からいただいたお花に癒されました!

いい加減調べましょう、目を覚ましましょう

私は人に教える立場上、責任を持ってものを言わないといけないし
もし間違えていたら素直に認める潔さも持ち合わせているつもりです。

コロナウイルスはいわば「風邪」です。

毎年インフルエンザの時期にはその猛威に、それなりにみなさん戦かれますよね。
昨年で言うと3000人は亡くなられたそうです。(冬の3ヶ月ほどだけでね)
それでも毎日世界中の人にマスクを義務付けたり手の消毒を強要したりしませんよね。
老人ホームの出入りに気を付ける程度と思います。

明らかに政府、大衆メディア、新聞等の作り出したプロバガンダです。
(スポンサーのついてないものを選びましょう)

嘘だと思うなら自分で納得がいくまで調べたらいい。調べもしないで「みんなが言ってるからそうなんでしょ」て言うのは、勇気を出せないでいじめっ子の方について誰かを傷つけているのと一緒だと思う。

私はコロナじゃなくても、人の噂だけでは動かない。自分の目で確かめてから動くようにしています。身に覚えのないことで噂が先行し、いじめを受けたことがある人は理解できるんじゃないかな。

政府のやってることも小池さんのやってることも、言葉の端々にエラーが見られます。

ドイツもフランスもイタリアもイギリスもアメリカも、各国の誠意ある医者が次々に真実を吐露してくれている。(それでも有名なSNS上だとパトロールされてすぐ削除されるけど。バレると都合が悪い人がこの資本主義社会を牛耳っていることの裏付けですよね)そういや欧米でジョージフロイドさんの死を受けた黒人デモあったよね。香港でも国家安全法の成立前後すごいデモだったよね。もっとクラスターあってもいいんじゃないでしょうか、それだけでもわかるのに。

一番かわいそうなのは、子どもたち。過剰な資本主義社会の被害者です。

学生の一年間がどれだけ大切だったか皆さん覚えているでしょう?インターハイがなくなり、甲子園がなくなり、、彼らは自分達のヒーローになる瞬間を夢見て、必死に、今まで大変な血のにじむ努力をしてきている。想像しただけで涙が出ます。

新しいお友達が増える春の季節。学校が再開されても友達と触れ合えない。人間は精神的物質的コミュニケーションを取れなくなると最悪死に至るんですよ?

うつが増えて、自殺者も増えて。その死亡数の方が圧倒的に深刻だとは思わないんでしょうか。みんなで殺しているのと一緒じゃないですか。みんな殺人者になりたいんですか?

私はこのコロナ騒ぎがバカらしくてそれなりに自分の意見を言ってきたつもりだけど、何を言っても「でも、、」「みんなは、、」と言う反論を受ける立場に正直疲れました。バカバカしくなってマスクつけてりゃいいんでしょ、消毒したふりしてりゃいいんでしょ、としばらく黙っていました。どうせ私医者じゃないし、変人扱いされて終わりなんでしょと。

・・・しかし今回「無関心」から「憤り」に変わったのはGO TOキャンペーン。何がキャンペーンだ。私はお盆にも田舎に帰ってこなくていいと言われた。関東から身内が帰ってくると後ろ指さされるんだと。もし万が一陽性にでもなったら引越しせざるを得なくなるからだと。地方では新聞に実名が出て、石投げられたり村八分になったりするんですよ、治ったとしても。

政府、メディアの言うことが正しいと素直に聞いてる方へ。いろんな考えの方がいるから本来はそれはそれでいいんです。皆さん信じるものをよしとすればいいです。でも今回は違います。いろんな人が「迷惑してるんです」人生のいろいろな場面を邪魔されて。だから声を上げざるを得ないと言う結論に達しました。

いいですか、新宿はPCR検査して陽性でたら10万あげてるんですって。お金に困った方は喜んでPCR受けに行きますよね?PCR検査はウイルスに「感染」してなくても「皮膚についてる」だけで陽性になるんですよ?PCR検査を発明したキャリーマリスさん本人が否定してるんですよ?しかもこのコロナ騒ぎの直前に亡くなっているんですよ?世の中都合が悪くなると殺されるんですよ?あ、すみません今のは推測です。殺されるケースが多いのでつい。(以下引用)

「定量的PCRという名前は矛盾しています。PCRの意図としては、物質を定質的に特定することです。まさにその本質から、数字を見積もるのには適していません。ウイルス量テストによって血液中のウイルスの数がわかるなどという、よくある誤印象があるのですが、これらのテストでは、全く自由な感染性ウイルスの検出はできないのです。これは検出できるのは、単にHIVに特有のタンパク質です。しかし、いくつかのケースでは誤っています。このテストはウイルスの遺伝子配列を検出するものであって、ウイルスそのものではないのです。」(引用終わり)

感染者、莫大に増えましたね?第二波のように見えますね?ところで最近の死亡者数確認しましたか?いますぐ確認しましょう。片手で数えられますよ?

増えたように見せかけて、次のワクチン騒ぎに持っていこうとしてるのが見え見えじゃないですか。そもそもウイルスと菌の違いについて説明できますか?そこから調べてみましょう。

本当に、本当に、いいかげん目を覚ましましょう。本当のことが言える世の中にしましょう。助け合える日本人になりましょう。今は戦時中じゃないんです。お国のために命を捧げてこいではないんです。家族を思いやって健康に暮らせる世の中であってほしいのです。

日本人の知恵と叡智でこの混沌とした世の中をクリアにしたい。

前向きな、明るい社会にしていきましょうよ。

出番がなくて寂しそうな楽器の後ろ姿(に見える今の私の心理・・)

再会

去年の秋口にマタニティ(横向きのトリートメント)でサロンにお越しくださったK様。

コロナが落ち着いて、上の息子ちゃんが保育園に行けるようになったタイミングで体のメンテナンスにお越しくださいました。今度は赤ちゃんを抱っこして❤️❤️❤️

場所が変わったのを敏感に感じ取ったのか、いつものお昼寝タイムにぐずってしまったのですが、最終的にママの添い寝でまた眠れ、無事ママのトリートメントを完遂することができました^ ^ Mちゃんご協力ありがとう^ ^

本来であればしっかり自分の時間をとって休みたい、でも小さい子を置いていけない、、そんなママさんへの応援としてrythmeでは就学前のお子さんがいらっしゃる方には常時20%OFFでご提供させていただいております。ちなみに、おうちのどなたかに預けて一人でいらしてももちろんOFFですし、就学前のお子さんがいらっしゃるパパさんでも同じだけOFFです^ ^(男性は紹介のみとさせていただいております、申し訳ありません、、)

マタニティの時のお腹を触らせていただき、その後、無事可愛いお子様が誕生し、一緒にまたサロンにお越しくださった時の幸福感といったら❤️K様幸せをありがとうございました❤️