2/23(水・祝)神谷宗幣さん講演会

大変大それたことをしてしまった感があります汗

なんとなんと、神谷さんを鎌倉にお呼びしてしまいました〜〜❣️

ご縁あってあれよあれよと決まった今回の講演会。

コロナ騒動がなければこんなご縁もなかったのかもしれないと思うと
まんざらコロナも悪くない。ご参加いただける熱意のある方々含め、
本当に濃いご縁の中で日常が送れていることを改めて感謝いたします。

今回のテーマは「教育」

海外生活を経て、日本人がいかに意思表現のできないかをまざまざと実感してきたものの、いまだに日本では出る杭は打たれ、いまだに横並びでいることをよしとする風潮のまま。

思えば教育現場はずっと受け身教育。意見をいう機会ももらえないまま、単純に教科書の中だけの知識で生かされてきたように思います。

しかしそれって、楽しい作業でしょうか?

勉強や学校が楽しいという感覚も教えられないまま、教科書知識を詰め込んで偏差値の高い大学に入れるならよしとする。社会に出ても駒のように働くだけ。それじゃあ自殺率世界一でもしょうがないですよね。。

私は自分の学生生活や子育てを通して、そんな日本の教育にずっと懸念を抱いていた日本人の1人です。

本当の教育ってなんだろう、もっと学びたい、もっと知りたいと思える教育ってどんなものだろう。子どもの目が輝くってどんな教育現場だろう。

そんなことを有言実行者の神谷宗幣さんからお話を聞くことをきっかけに皆さんで一緒に考えていきたいと思っています。

残り1週間となりました。もう参加者は100名を超えていますが、まだまだ席に余裕はありますので、ぜひこの熱気を、空気感を味わいに来てくださいね!

2月1日のオープンサロン

今年最初のオープンサロン、また「5G」勉強会やります!

現在コロちゃんや改憲など騒がしい時代になりましたが、
スーパーシティ構想にしっかり組み込まれている5G、
ちゃんと危険視できていますか?


4Gの続きの時代の流れでしょ?便利でいいじゃん?
ていうレベルではありません。生きるか死ぬかの瀬戸際です。

いかに私たちが利権者にとっての家畜でしかないかの象徴です。

鎌倉市からどんどん盛り上げていきたいと思います!

5G勉強会:10:00~13:00
オーガニック弁当(1000yen)つき

終わってもお話ししていたい人はステイしていたらいいし、
それとは別に話があるという方はそれ以外のお時間にいらしてください。
16:00くらいまでなら開催中です。

※今日現在で9名いらっしゃいますので、残席わずか1名。
(もしまだまだいらっしゃるようでしたら別日を設定します!)※※なお、3月1日はキッチンカーを呼んでイベントをやります。
 題して🌸笑顔をつなげるマルシェ🌸

子どもの健康を守りたい

rythmeではひたすらに皆様が健康であるために
何ができるか、それだけを想いながら施術をし
自分の手技改善に日々精進しております。

今回のコロナ騒動は利権が起こした騒ぎだとは最初から認識しており
身近な人には私なりに伝えてきたつもりですが、なかなか一筋縄に
理解していただけなかった場面も山ほどあります。

以下は、多額の私財を使い果たして一生懸命新聞に
意見広告を出してくださっている
「新型コロナウイルス関連情報発信センター」堤 猛 社長のサイトより
抜粋させていただきましたので、どうぞご覧になってください。

私も「いつも発信していてすごいね」とかよく言われるのですが
気がついた大人は黙っていてはいけないのです。
1日でも早く、1人でも多くの命と健康を守るために。
皆さんの一人一人の力が必要です。どうぞよろしくお願いします。

以下、抜粋

初めて「抗議」の手紙が届きました。差出人は中学3年生のM君でした。

実のところ「もっと早く出さないと意味がない」「遅すぎましたね」といったご意見は、これまでにもたくさん頂いてきましたが、未成年者の方からのご意見はこれが初めてでした。

私は、先日、M君と電話で話しました。M君は中学3年生。弟さんは中学1年生だそうです。私は意見広告を出すのが遅すぎたことと、辛い思いをさせてしまったことを詫びました。そして私は大人の一人として、日本中の子どもと若者たちに謝りたいです。自分の利益や保身しか考えない無責任で頭が悪く感性も鈍い、どうしようもない大人ばかりであることを、そして、そのせいで彼らの命や健康まで奪ってしまったことを。

コロナ・ワクチン禍の被害者は、無力で同調圧力に抗えない子どもと若者たちです。そして加害者は、この国の大人たちだと思います。未成年者のワクチン被害を見る限り、私たちは、もう取り返しのつかないことをやってしまったのかもしれません。だから私は責任ある一人の大人として、また最後に、せめてもの償いとして、自分にできる精一杯のことをやらせていただきます。

以上

私も黙っているわけにはいきません。
私をうるさいと思っている方、私の口の代わりになってください。
そしたらもう少し静かに過ごせます笑

母里先生を偲ぶ会

12月26日、コンシューマネットジャパンの方の主催により
叶った東京での「母里先生を偲ぶ会」に参加してきました。

全国の予防接種の被害者の会のかたや、生前先生と活動を共にされて
きた方々が一堂に集まっていました。
中には、日野市議の池田さんや三鷹市議のかた、
「ちいさい・おおきい」編集者の山田真先生まで。

後に予定があり皆さんと雑談する時間もなく失礼させてもらいました
が、被害者として苦しまれている方がいること、それに寄り添う方々
がいること、そうした空気感を実感として持つことができたのは大き
かったです。

今回のコロナワクチンに限らず、ワクチンというもの自体に
再度疑問を呈し、さらには医療のあるべき姿や今後の課題など、
皆さんの母里先生との思い出話を聞きながら
ぐるぐると思いをめぐらせていました。

今、メディアのいうこと、教科書のいうこと、大勢のいうことを
聞いているだけで自分で考えていない人は、この人たちの心からの声を
聞いて一体何を感じることができるだろうか。
日本はまだ変われるだろうか。

でも憂いてばかりいてもしょうがない。
母里先生に託された思いを胸に、あの素敵な笑顔を思い出しながら
未来を守っていきたいとさらに思いを強くしました。

母里先生、あらためましてご冥福をお祈りいたします。
そしてどうかこれからも見守っていてください。

手術するのはまった!諦めるのはまだ早い!

言うのをすっかり忘れておったんですが、、(大汗)

実は、結構な筋肉の損傷、例えば靭帯断裂とか、腱板断裂とか、、

もう手術しかない、スポーツされている方ならもう競技を諦める
しかないレベルの損傷とかってありますよね。

私自身、それはもう外科に頼るしかないし、そうならないように
普段から気をつけてスポーツなりをするしかないのだろうと思って
いたのですが。

そんな不可能と思われる筋肉状態を「使用可能にする」施術を
この度習得しました!!!


師匠の小波津先生は今、この騒ぎだからこそたまたま日本で
お会いできる先生で、普段は世界中のアスリートのために飛び回って
いる方です。検索すればわかると思うので言ってしまえば、数多くの
名だたる選手のトレーナーでもあり、、例えばヤンキース時代の
松井秀喜選手を陰でトレーナーとして何年も支えてこられた張本人
です。その先生から直接学びを得て、この度rythmeでも施術が可能に
なりました!

「神経筋無痛療法」と呼ばれるこの方法では、神経系統にアプローチ
するので本当に優しいタッチで、無理をさせない方法ですが、明日本番
なのに、今日腱が切れた、、という状態であっても、元の状態に戻す、
あるいはそれ以上のパフォーマンスさえ期待できる、という神業を成し遂げてきた先生です。

もちろん慢性的に長年患っているという痛みでもこれでアプローチできます。

藁をもすがる思いでおられる方に、また一つ、選択肢を増やしてサロン
でお待ちしております。向かうところ敵なしです^^ちなみに先々月もヘルニアの手術の予定にされていた方が手術を
キャンセルされました!
(こちらは従来よりの整体60分で良くなりました^ ^)

皆様の健康を維持するために、常に何ができるか考えています。
まずは諦める前にご相談ください。
そして自分の体に感謝しましょう。

年末は31日までやってます

早いものでもう12月が見えてきました。

お客様の12月のご予約が入ると、だんだんと「年末はどうするの?」
と聞かれることが多くなります^ ^;;

今年も31日までサロンはオープンしますので、
年末のお休みに入った方、
年末の大掃除で最後自分も大掃除したい方w、
体と心を整えて年始を迎えたい方、
今なら実家に帰っていて自分の時間が取れる方、、

アロマテラピーや整体で自分の体に感謝する時間を作ってみてくださいね。

私は、、空き時間にちょこちょこと掃除をしますw

正月三ヶ日はお休みをいただきます。

また毎月1日はオープンサロンにしておりますが、
1月1日はお休みとさせていただきます。

今年は1日に何かと勉強会を行ったり、
ワークショップを行ったり、
おしゃべりに花を咲かせたりしました。

来年はもっと勉強会を増やしたり、
マルシェを追加したりしようかな〜と妄想中です^ ^

どうぞこちらもご気軽にご利用ください。

横のつながり

コロナ騒ぎがあっていいことがありました。

全国的に横のつながりができたことです。
同じ考えを持つ仲間が浮き彫りになり、
活動的な積極的な彼らと話をすることで
問題意識がさらに高まり、日本を世界を地球を綺麗にしていきたいと
さらに強く思えるようになりました。

ここ湘南地区にもそんな素晴らしい仲間がいます。

みな前向きな議論ができ、それを行動に移し、変えていきたいという
強い情熱を持つ人たちばかりです。

そしてここrythmeでも
同じように自分の体に感謝し、健康でありたいと心から願う
そんなお客様ばかりが集い、笑顔でお会いすることが叶っています。

一時期はどうなるかと思った時期もありましたが
おかげさまで素晴らしいお客様とのご縁で
rythmeはより素晴らしいイヤシロチになれている気がします。

神社にはいい氣が流れ、パワースポットになると言われたりしますが
まさにいい皆様とのご縁でいい氣が保たれております。

皆様と一緒に健康で幸せな日々を保っていきたいと願っております。

母里先生のご遺志

本日10月24日、母里啓子先生を鎌倉にお呼びして
「予防接種より大切なこと」と題したお話会を開催予定でした。

1週間ほど前、訃報が届いた時には何が起きたのかよくわかりませんでした。この1週間、母里先生の存在の大きさを日々感じて過ごしていました。

「ちいさい・おおきい・つよい・よわい」通称ちおを、我が子がちいさい時には愛読書とし、日本のどこかで本当の健康を追求してくださるお医者様が確かにいることに安堵したものでした。

このコロナワクチン騒動がこの夏とうとう学生にまで飛び火して、ため息ばかりの鬱々とした日々を送っていたときに、セラピスト仲間が「母里先生を鎌倉によぼう!」と動いてくれたのがきっかけで9月に一度お会いすることができました。

87歳の口から発せられる近代の歴史は実録として心に刺さり、
先生方の並々ならぬ尽力に感謝し尽くせない熱い思いでいっぱいになりました。我が家族が今日も元気でいられるのは母里先生のおかげであることに間違いないからです。それほどの功績の持ち主であられました。

この感動をもっと多くの人に噛み締めていただきたい、そうして企画した今日。今はただ大いなる感謝とともにご冥福をお祈りいたします。

最後に先生からのお言葉をここに少し記しておきます。

《医師と消防士は暇なほどよく、診療所や保健所が赤字なのは喜ぶべきことです。医療と教育は社会化するべきで、「経営」をさせてはいけません。

私たちが今向き合うべき相手は本当はウイルスではないのです。新型コロナで世界中が慌てふためいています。国はワクチンさえ打てば解決するかのように思い込ませています。ワクチンで制御された感染症はほとんどありません。自然の感染ではなく異物を強制的に体内に打ち込むことがどういうことなのか。

ウイルスは30億年以上前から地球に存在していたと言われています。インフルエンザらしきものは古代エジプト時代から記録されていました。たかだか70年未満の歴史しか持たないインフルエンザワクチンですら感染を防ぐことはできないことは歴史が証明しています。やっとできたとされる新型コロナワクチン。うつうたないの判断は個人の自由ですがウイルスとはこれからも共生していけばいいと私は思います》

先生の笑顔を胸に

光成佳世

第三次世界大戦

あまり言いたくはなかったのですが、止まらない世の中の動きでありながらやはり何も言わずに見過ごすのも違う気がしまして、いまだ知らぬ方のために残しておきます。

ここからは覚悟して読んでください。
私が言うべきか言わざるべきかの苦悩にいたことをご理解くだされば幸いです。

https://note.com/nakamuraclinic/n/n458b176b945c

ナカムラクリニックの先生がきれいにまとめてくださっていたので引用させていただきました。

ワクチンを打たない、と判断されている方はこれをすでに理解されています。
これを読んで驚愕された方、今からでも遅くはありません、しっかり自分で情報を集める努力をしてください。

残念ながら、今回の世界大戦はドンパチではないので目に見えづらく、
結果も即死ではないだけです。

また先にも書きましたように、私はもういいのよどうせ先は長くないから、で打つのも困ります。(何故かこのフレーズよく聞くんですよね、、)周りの人にスパイクタンパクを飛ばしてますからね。。家族を思うなら、自分も打たない、のが大正解です。

近々、「健康になるための講座」を別口に設定することを検討中です。

花粉症の改善できます

今年の春は一気にやってきた感じですね。
桜と共にツツジもフジも咲き始めたようです。
焦らなくても少しずつでいいのですが。。

花粉症の方は春を楽しめているでしょうか。

一度外で大変な思いをされた方は、ゆっくり花を愛でながら
上を向いて歩けてないのではないでしょうか。。

rythmeではアレルギー整体(アトピー整体)も行っています。

薬で治すしかない、一度なったら一生付き合うしかない、
と思い込んでいる(思い込まされている)人がほとんどでは
ないかと思うのですが、食事で改善するならまだ聞いたことが
あっても、整体で治るなんて聞いたことがない。大体どういう
メカニズムなんだ、、と大抵の方は半信半疑もいいところです笑

しかし。信じるものは救われるんです。

みーなさん改善されていくんです。

時に完治を待てずして卒業されていく方もいますが、
それでも確実に改善はされていくんです。

今年も花粉症のこの時期には何人にも通っていただいています。

週1での整体に加え、〇〇を飲まない、〇〇を摂らない、
といった生活習慣の注意点、簡単なストレッチ、をお伝えしながら
〇〇の状態を観察します。するとみるみる体が見違えっていくのです。

しかも一旦治ると、毎年通う必要もないし、生活もストイックに変化させる必要もありません!

今年の最短改善者は
「たったの3回施術で10の辛さ→1か2」
という強者出ました!!!
この方の早さはひとえに純粋さと思います。
いつまでも半信半疑の方には時間がかかります。
(あるいは定期的に通えない、あらゆる薬と併用する方などは
結果的として遠回りになり、かけたお金ももったいないことになります。)

こういう場面でも各々が「自分を信じる力」を試されているなあ。。
と感じる日々です。

というわけで、本気で治したい人にはおすすめです!