母里先生のご遺志

本日10月24日、母里啓子先生を鎌倉にお呼びして
「予防接種より大切なこと」と題したお話会を開催予定でした。

1週間ほど前、訃報が届いた時には何が起きたのかよくわかりませんでした。この1週間、母里先生の存在の大きさを日々感じて過ごしていました。

「ちいさい・おおきい・つよい・よわい」通称ちおを、我が子がちいさい時には愛読書とし、日本のどこかで本当の健康を追求してくださるお医者様が確かにいることに安堵したものでした。

このコロナワクチン騒動がこの夏とうとう学生にまで飛び火して、ため息ばかりの鬱々とした日々を送っていたときに、セラピスト仲間が「母里先生を鎌倉によぼう!」と動いてくれたのがきっかけで9月に一度お会いすることができました。

87歳の口から発せられる近代の歴史は実録として心に刺さり、
先生方の並々ならぬ尽力に感謝し尽くせない熱い思いでいっぱいになりました。我が家族が今日も元気でいられるのは母里先生のおかげであることに間違いないからです。それほどの功績の持ち主であられました。

この感動をもっと多くの人に噛み締めていただきたい、そうして企画した今日。今はただ大いなる感謝とともにご冥福をお祈りいたします。

最後に先生からのお言葉をここに少し記しておきます。

《医師と消防士は暇なほどよく、診療所や保健所が赤字なのは喜ぶべきことです。医療と教育は社会化するべきで、「経営」をさせてはいけません。

私たちが今向き合うべき相手は本当はウイルスではないのです。新型コロナで世界中が慌てふためいています。国はワクチンさえ打てば解決するかのように思い込ませています。ワクチンで制御された感染症はほとんどありません。自然の感染ではなく異物を強制的に体内に打ち込むことがどういうことなのか。

ウイルスは30億年以上前から地球に存在していたと言われています。インフルエンザらしきものは古代エジプト時代から記録されていました。たかだか70年未満の歴史しか持たないインフルエンザワクチンですら感染を防ぐことはできないことは歴史が証明しています。やっとできたとされる新型コロナワクチン。うつうたないの判断は個人の自由ですがウイルスとはこれからも共生していけばいいと私は思います》

先生の笑顔を胸に

光成佳世

第三次世界大戦

あまり言いたくはなかったのですが、止まらない世の中の動きでありながらやはり何も言わずに見過ごすのも違う気がしまして、いまだ知らぬ方のために残しておきます。

ここからは覚悟して読んでください。
私が言うべきか言わざるべきかの苦悩にいたことをご理解くだされば幸いです。

https://note.com/nakamuraclinic/n/n458b176b945c

ナカムラクリニックの先生がきれいにまとめてくださっていたので引用させていただきました。

ワクチンを打たない、と判断されている方はこれをすでに理解されています。
これを読んで驚愕された方、今からでも遅くはありません、しっかり自分で情報を集める努力をしてください。

残念ながら、今回の世界大戦はドンパチではないので目に見えづらく、
結果も即死ではないだけです。

また先にも書きましたように、私はもういいのよどうせ先は長くないから、で打つのも困ります。(何故かこのフレーズよく聞くんですよね、、)周りの人にスパイクタンパクを飛ばしてますからね。。家族を思うなら、自分も打たない、のが大正解です。

近々、「健康になるための講座」を別口に設定することを検討中です。

コロナワクチンを接種された方へ

久しぶりの投稿になります。
PC基盤を水に浸してしまう事故を起こしてしまい
しばらくブログの更新の画面に行きつきませんでした。

早速ですが、至急のことですので主題に移ります。

rythmeでは今回のコロナワクチンを接種「した」方の施術を
安全が確認できる当面の間、お断りさせていただいております。

今回のワクチンはmRNAワクチンと呼ばれ、人類史上初の方法で製造されたワクチンです、一言で言えば遺伝子組み換えワクチンとも言えます。

食品でさえ「遺伝子組み換えでない」原材料を確認する昨今において
なぜ自分自身が遺伝子組み換えに進んでなっても良いと思うのか
私にとっては不思議な現象としか思えないのですが。。

本来薬というものは開発するのに何年もかけているものです。
残念ながら動物実験もすることになります。
そんな年数もかけず、わずか一年足らずで製品化した今回のワクチン。
動物実験さえすっ飛ばして、まさに人体実験となっているのをご存知でしょうか。

安全なのか、安全でないのか、それさえわからない状態です。
もちろん副作用は前代未聞のためどこまで及ぶのか未知の世界です。


早ければ直後に症状が出ますが、
秋口からじわじわと症状が出るという話もありますし、
少なくともウイルスは常に変異しますから、
今回のことが正当化されるならこの先ずっとこの状況が
一生続くことになるでしょう。(不安とワクチンの繰り返し)

人間は本来体が毒に侵された場合、消化・浄化しようと動きます。
その際、皮膚や口腔を通して今回のワクチンの蒸散がなされる懸念があります。

ワクチンの安全性が確認されてない上、
そのワクチンが皮膚や口腔を通して周囲への感染源となる疑い
があるため、皮膚接触のあるこの施術をしている私たちの
「安全の確保」が非常に難しいと考え、自分や家族のためにも、
また他のお客様に私の手を通じて感染させないために。。

残念なお願いになりますが、「ワクチン接種後」のご来店はお断り
せざるを得ませんことをどうぞご理解いただきたいと思います。

ご質問がございましたらどうぞお問い合わせくださいませ。

なお、お断りの病院が今後増えるであろうことも付け加えておきます。
保険会社も今回のワクチンの副作用による保険が対象外に
なっている(ヒント:2023年まで未認可)ことも
ご自身でお調べになってください。


※補足※
先日ワクチン接種された方が思いがけずいらして、せっかくのご足労でしたので施術をしてしまいました。その後2時間ほどして腕全体に発疹が出ました。実際は半信半疑ではあったのですが、自分で人体実験できましたのでここに記しておきます。

お客様の声(アレルギー整体・花粉症)

長年、花粉症ではないと自分の脳に言い聞かせてきましたが、今年はついに薬を飲む程重症でした。
症状は「朝の目覚めはクシャミで始まり、目のかゆみ、無意識に顔をかき、鼻水」と、疑いのない花粉症です。

即、「アレルギー整体」を受けました。人によって回復状況は様々のようですが、1回目、2回目と受けていく中、クシャミの回数が減り、目のかゆみや鼻水が無くなりました。
3回目、4回目では顔をむずがゆくかく手もなくなり、5回目を受けた時点で花粉症の症状もなくなりました。

朝、テレビで「今日も花粉がたくさん飛んでいます」というアナウンス流れていました。

お陰様ですっかり回復しました。ありがとうございます。(70才 女子)

_______________________________________________________________
K様ご感想をありがとうございました。
3回目を受ける前にはもう症状が半減し、5回目を受ける前には10の辛さ→0,5程度だとのことで理想的な改善を私も観察させていただきました。

きちんと定期的に来店くださり、必ず治すんだという覚悟を持って、ご自宅でもご自身の体の声を聴き、何より自身の体に「感謝して」取り組めた方は、もれなくこのK様のように治りも早いです。これは何人もやってきて思う私の実感です。

今後も整体を受けることで自分の体を見直し感謝するきっかけになれば幸いです。

誰しも体の中に「自然治癒力」という神様がいます。私はその神様を目覚めさせ元気に動いてもらうお手伝いをしています。

花粉症の改善できます

今年の春は一気にやってきた感じですね。
桜と共にツツジもフジも咲き始めたようです。
焦らなくても少しずつでいいのですが。。

花粉症の方は春を楽しめているでしょうか。

一度外で大変な思いをされた方は、ゆっくり花を愛でながら
上を向いて歩けてないのではないでしょうか。。

rythmeではアレルギー整体(アトピー整体)も行っています。

薬で治すしかない、一度なったら一生付き合うしかない、
と思い込んでいる(思い込まされている)人がほとんどでは
ないかと思うのですが、食事で改善するならまだ聞いたことが
あっても、整体で治るなんて聞いたことがない。大体どういう
メカニズムなんだ、、と大抵の方は半信半疑もいいところです笑

しかし。信じるものは救われるんです。

みーなさん改善されていくんです。

時に完治を待てずして卒業されていく方もいますが、
それでも確実に改善はされていくんです。

今年も花粉症のこの時期には何人にも通っていただいています。

週1での整体に加え、〇〇を飲まない、〇〇を摂らない、
といった生活習慣の注意点、簡単なストレッチ、をお伝えしながら
〇〇の状態を観察します。するとみるみる体が見違えっていくのです。

しかも一旦治ると、毎年通う必要もないし、生活もストイックに変化させる必要もありません!

今年の最短改善者は
「たったの3回施術で10の辛さ→1か2」
という強者出ました!!!
この方の早さはひとえに純粋さと思います。
いつまでも半信半疑の方には時間がかかります。
(あるいは定期的に通えない、あらゆる薬と併用する方などは
結果的として遠回りになり、かけたお金ももったいないことになります。)

こういう場面でも各々が「自分を信じる力」を試されているなあ。。
と感じる日々です。

というわけで、本気で治したい人にはおすすめです!

4月からのアロマ講座

気がつけば大好きな白木蓮の咲く季節となりました。

人間の感情に左右されることなく季節は巡りますね。
最近は四季に前を進むように促されている気分のこの頃です。

さて、現在も受講中の生徒さんがいらっしゃいますが
並行して4月から開始予定のアドバイザークラスがあります。

すでに決まっているのは「月2で日曜日」のレッスンです。

日々思う健康のことについて、いつも話は尽きません。
皆さんの思うところを意見してくださって日常生活をより豊かなものに
していただくための時間になっています。

自分の体の声を聴けるようになって、
アロマを使って日々疲れをため込まず、
あるいは多少の病気もアロマと自然治癒力で
本当の健康を目指していただけるように
アロマテラピーの魅力をお伝えしていきたいと思っています。

参加を検討されている方は、なんでもご質問をお受けしています。
お問い合わせをお待ちしています。

info@aromarythme.com までご連絡ください。

ワクチンの断り方

今回は私がお話ししても説得力にかけると感じられる方に、

内海 聡 医師の言葉をお借りしてお伝えできればと思います。

以下、内海医師の引用です。

まず最もシンプルに理解しておくべきことは、あなたにワクチン接種を拒否する権利があるということです。
すべてのワクチンは任意接種であり、昔効かないことがわかったので任意接種になったのです。
公立学校の通学にも修学旅行にも幼稚園の入園にも、ワクチン接種は必須ではありません。
ワクチン接種によって何が起きるか、あなたにはコントロールできません。

自然療法師、小児向けカイロプラクター、東洋医学師、ホメオパシー医にかかることも考えてみましょう。
予防接種は強制ではなく、強制的に勧めている人は違法行為であり、もっといえば憲法違反であることを知りましょう。

ワクチンは多くの毒物が詰め込まれていて、効果も全くないどころか有害であることを知りましょう。
子どもを感染症にかけたくなければ、ワクチンではなく、体温を上げて、免疫力を高めて、運動させて、体力をつけ、適切な栄養、良質な水、十分な睡眠、運動の習慣と心の充足こそが重要です。
さて、それでもこの世界では小児科医や保健士や教師などという、狂った人々がワクチンを強要してきます。
まずは健診に行くのをやめるべきですが、虐待しているという疑いをかけられることもありますので、
もし理解のある医師が近くにいれば、そこに受診するのが一番です。
決して普通の小児科にかかって議論してはいけません。
彼らは結論ありきなので科学的データや歴史や法律など守りませんし、そんな小児科医にかかっている親のあなたが悪いのです。

ワクチンを打って非常に体調が悪くなりアレルギーがあったと主張するのも一法です。
これは常にあることですから嘘でも何でもありません。
理解がある医師が近くにいるなら診断書を書いてもらう方法もあります。
しかし診断書に頼ることなく、保健士や教師など論理と科学的根拠で蹴散らせるようにならなければ、結局口車に負けて虐待扱いされてしまうかもしれません。

要は親の本気度次第です。
当然ワクチンが危険であるという資料を一式そろえましょう。
理解のある医師にかかったうえで

「医師の指導の下に選んでいるのだ、あなたは専門家の意見を専門家でもないのに否定するのか!」

と権威を逆利用しましょう。

保健士や教師や自治体の職員を相手にするときは必ず録音し、ワクチンを強制してきたときは何かあった時の全責任を取らせる書類を書かせるようにしましょう。
ワクチンに反対する団体や近くのセラピストに、場合によっては一緒に行ってもらうのも一法です。

全ては親の本気度次第です。
誰かに何とかしてもらおうと思っている段階で、子どもを守ることなど不可能であり、体裁など捨てる覚悟が
なければ今の時代生き残れません。

そして最も重要なのはワクチンを否定する人々がまだ少数派だということです。
その人たちは単なる情報弱者のアホかもしれませんが、知っている人が増えない限りどんな逃げ口上を考えても
ジリ貧なのです。

あなたが周りにひたすら伝えることが、ワクチンを打たなくてすむ最も重要な方法なのです。

引用終わり

ここまでしなければ動けない世間があることに本来はがっかりします。が、未来ある子どもたち、さらにその先の健全な繁栄を守るために、今闘う勇気を持つべき時です。それが今世に生まれた私たち世代の使命と感じるようになりました。

内海医師だけでなく、本当の健康を守りたいと命をかけて立ち上がってくれている医師がまだ少数ではあるものの、存在します。権力や金の呪縛から、そうした受益者に不利になるものはネット上でもどんどん削除されているので見つけるのでさえ大変かもしれません。

が、それが「真実である」ことの証明です。

堂々としていられない理由が支配者側にあるからです。

どうか心を落ち着けて、本当の自分がどうしたいのか、どうしたら心地よいのかを純粋に感じ取ってください。それが本当の答えです。

冬の石鹸できました

まだまだ乾燥の季節が続きますが、
我が家のそばの梅の木は開花を始めました。
これから徐々に1ヶ月咲き続けてくれると思います。
時期を違わず春の到来を告げる植物たちに感謝です。

さて、作成から3ヶ月がたち、石鹸をリリースできる時期になりました。

会員ページにて詳細をご確認ください!

今回も4種類できました。

上から1〜4番として(◯番を◯個!)といった感じで
お気軽にお声がけくださいね。

ご連絡お待ちしております。

湘南スタイル 掲載

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ変わらぬご愛顧をどうぞよろしく
お願い申し上げます。

早速ですが、年末に発売された
「湘南スタイル」の巻末に広告を載せてもらいました。

昨年に無事10周年をむかえ、次の10年にむけて
また気持ちを新たに精進してまいります。

アロマテラピーや整体の枠を超え、
心と体が一体となり、本当に健康になるための
気づきの場となれたら幸いでございます。

ちなみに、、現生徒さんには申し訳ないほど、
アロマ講座、12回完結のはずが、全く完結しません(大汗)
それが楽しいと言ってくださる声を励みに(前向き)
rythmeらしいアロマ講座を展開しております。
(このところお伝えしたいことがありすぎて・・・)

本当に健康であるために、
気づくのは今です。

「風の時代」到来とともに、
あなたらしい年になりますように。

2020 → 2021

2020年は世界中すべての皆様にとって
大変な年になりましたね。

世界中の子どもに大人が迷惑をかけていることだけは
どの角度から見ても事実で、それだけは歯痒い思いでいますが、
世の中の凄まじい変化や鬱々とした日々に振り回されるだけでなく
今まで感じたことのない気づきや思いを巡らせる機会にもなり得た
年だと思っています。

私自身、衝撃の走る日々の中、
身の振り方をどん底まで考える日もありました。

しかし見方を変えれば、この衝撃の瞬間に立ち会うために
今世に生を受けたのだとも思えるようになりました。

人間がどうあがこうと、ちゃんと四季は巡りました。
毎年思うことですが日本の四季はどの国よりも
本当に、本当に、素晴らしく、
この国に住めることに感謝しています。

毎日が昨日とも明日とも違う一日。
それを四季に基づいた習慣とともに実感できるのが
日本という国です。

今この瞬間に息をしていることを
八百万の神に感謝いたします。

毎日24時間のはずなのに
今日の次は明日のはずなのに
12月31日から1月1日になるのは
どうしても特別な感じがしますが、
どうぞ今を楽しんで
そして2021年も素敵な日々をお過ごしください。

rythmeは1月1日より3日間お正月休みをいただきます。
また皆さんにお会いできる日を楽しみにしております。