ワクチンの断り方

今回は私がお話ししても説得力にかけると感じられる方に、

内海 聡 医師の言葉をお借りしてお伝えできればと思います。

以下、内海医師の引用です。

まず最もシンプルに理解しておくべきことは、あなたにワクチン接種を拒否する権利があるということです。
すべてのワクチンは任意接種であり、昔効かないことがわかったので任意接種になったのです。
公立学校の通学にも修学旅行にも幼稚園の入園にも、ワクチン接種は必須ではありません。
ワクチン接種によって何が起きるか、あなたにはコントロールできません。

自然療法師、小児向けカイロプラクター、東洋医学師、ホメオパシー医にかかることも考えてみましょう。
予防接種は強制ではなく、強制的に勧めている人は違法行為であり、もっといえば憲法違反であることを知りましょう。

ワクチンは多くの毒物が詰め込まれていて、効果も全くないどころか有害であることを知りましょう。
子どもを感染症にかけたくなければ、ワクチンではなく、体温を上げて、免疫力を高めて、運動させて、体力をつけ、適切な栄養、良質な水、十分な睡眠、運動の習慣と心の充足こそが重要です。
さて、それでもこの世界では小児科医や保健士や教師などという、狂った人々がワクチンを強要してきます。
まずは健診に行くのをやめるべきですが、虐待しているという疑いをかけられることもありますので、
もし理解のある医師が近くにいれば、そこに受診するのが一番です。
決して普通の小児科にかかって議論してはいけません。
彼らは結論ありきなので科学的データや歴史や法律など守りませんし、そんな小児科医にかかっている親のあなたが悪いのです。

ワクチンを打って非常に体調が悪くなりアレルギーがあったと主張するのも一法です。
これは常にあることですから嘘でも何でもありません。
理解がある医師が近くにいるなら診断書を書いてもらう方法もあります。
しかし診断書に頼ることなく、保健士や教師など論理と科学的根拠で蹴散らせるようにならなければ、結局口車に負けて虐待扱いされてしまうかもしれません。

要は親の本気度次第です。
当然ワクチンが危険であるという資料を一式そろえましょう。
理解のある医師にかかったうえで

「医師の指導の下に選んでいるのだ、あなたは専門家の意見を専門家でもないのに否定するのか!」

と権威を逆利用しましょう。

保健士や教師や自治体の職員を相手にするときは必ず録音し、ワクチンを強制してきたときは何かあった時の全責任を取らせる書類を書かせるようにしましょう。
ワクチンに反対する団体や近くのセラピストに、場合によっては一緒に行ってもらうのも一法です。

全ては親の本気度次第です。
誰かに何とかしてもらおうと思っている段階で、子どもを守ることなど不可能であり、体裁など捨てる覚悟が
なければ今の時代生き残れません。

そして最も重要なのはワクチンを否定する人々がまだ少数派だということです。
その人たちは単なる情報弱者のアホかもしれませんが、知っている人が増えない限りどんな逃げ口上を考えても
ジリ貧なのです。

あなたが周りにひたすら伝えることが、ワクチンを打たなくてすむ最も重要な方法なのです。

引用終わり

ここまでしなければ動けない世間があることに本来はがっかりします。が、未来ある子どもたち、さらにその先の健全な繁栄を守るために、今闘う勇気を持つべき時です。それが今世に生まれた私たち世代の使命と感じるようになりました。

内海医師だけでなく、本当の健康を守りたいと命をかけて立ち上がってくれている医師がまだ少数ではあるものの、存在します。権力や金の呪縛から、そうした受益者に不利になるものはネット上でもどんどん削除されているので見つけるのでさえ大変かもしれません。

が、それが「真実である」ことの証明です。

堂々としていられない理由が支配者側にあるからです。

どうか心を落ち着けて、本当の自分がどうしたいのか、どうしたら心地よいのかを純粋に感じ取ってください。それが本当の答えです。

営業しております

コロナ騒動でrythmeも影響を受けております。

公共の機関を利用してお越しになるお客様や、
小さいお子さんを預けられずにまとまった時間が取れないでいるママさん達
がまずお見えになれなくなりました。

しかし自家用車でお越しになるお客様、
健康管理のために外せないといつも通りお越しになるお客様も
いらっしゃり、rythmeは営業させていただいております。

いろんなことを心配すればキリがない世の中ですが、
自分らしく生きられるように、自己免疫力を上げるために
アロマテラピーや整体はとても有効だとつくづく感じております。

また「健全なる精神は健全なる身体に宿る」と言われるように
心と体を切り離して考えることはできず、
健康な体だからこそ前向きな気持ちで生き、
健全な精神力だからこそ身体の不調も改善が早いものです。

 

ここ数ヶ月の身動きの不自由な時期を無駄にせず、

「当たり前」だった小さなことを改めて感謝する時間に変え、

ここからまた元気に過ごしていきましょう。

皆様にお会いできる日を楽しみにしています^ ^

 

乾燥にはオイルを

12月に入りようやく冬らしくなってきましたね。

日本の四季は本当に素晴らしいものですが、

冬の乾燥による肌の乾燥やウイルスの蔓延には悩まされますね。。

rythmeではアロマトリートメントやアトピー整体をしていることもあり、

肌の保湿についてアドバイスさせていただく機会が多くあります。

10代〜30代を除く、乳幼児、40代以降世代は乾燥しやすいものです。

オイルの種類は化粧品レベルであれば種類は問いません。

難しいことを考えなくていいので、とにかくまずはオイルで潤しましょう。

 

以下はセルフケアをされる皆さんへ、rythmeでの例をご紹介します。

・オイルはアーモンドオイル、ホホバオイルがサロンでの基準です。

 

・全身のボディトリートメントの際には大人の女性で20mlは使用しています!

膝下だけに塗る場合でも両足で500円玉くらいを手のひらに広げて伸ばしましょう。

 

・特にお風呂上がり、パジャマを着てすぐの頃に、オイルを肌に伸ばすのがベター。

水分と相まってオイルが気持ち良く肌に吸収されます。

もちろんお風呂上がり「でないといけない」わけではありません。

必要に応じて肌に吸収させてあげてください。

 

プラスαに精油を入れても気分が上がりますね!

でもアロマテラピーを「特別なもの」ではなく「常備薬」の感覚で使いこなして欲しい私としては、

とにかくつべこべ言わずにオイルを使って!これに尽きます!

 

オイルの種類、精油の種類、使い方等々

知りたくなったらいつでもご相談ください!

 

 

お客様の声(アロマトリートメント)

鎌倉市・40代・Yさま

 

・どのくらいの頻度でご利用ですか

→月に1〜2度、自分へのご褒美の為に!

 

・アロマトリートメントによる心や体の変化はありますか

→体調はすこぶる良くなりました。以前は腰痛や頭痛が頻繁におきていましたが、気がついたらなくなっていた。そしてリトムさんへ行く為に「あと何日がんばろう!!」と自分ががんばれる栄養剤になっています(笑)

 

・アロマテラピーを日常生活の中で活用されていますか

→お風呂あがりのオイルトリートメントとして、スイートアーモンドオイルに好きな精油をブレンドしぬっています。あとは、乾燥してしまう子供の肌にも、安心してつけてあげることが出来ています。

教えていただいたオイルを腰がだるい時にぬるとうその様に楽になります。

 

・リトムの良い点や改善点をお聞かせください

→その日の体調に合わせ選んでくださるオイルがいつも「あっ!!これこれ!!」となり、すごいなぁと思うと共にうれしくなります♪(その日その時の私を理解くださっている!!)

 

Yさま貴重なお話を有難うございました☆

リトムは自宅サロンのため、最初の電話やメールにためらいを感じる、、とのご意見をいただくこともありますが、完全なプライベートやゆったりとした時間を感じていただけるのもまた自宅ならではなのではと自負しております。

施術中の時は留守電で失礼しておりますが、メッセージ残してくだされば折り返します、お気軽にお問い合わせくだされば幸いです。

受験生、こってませんか?

普段いらしてくださっているお客様、

今日はご本人ではなく高校三年生の受験生の娘さんをお連れいただきました。

 

ただでさえ凝りやすい現代社会、受験生の体は木が横たわっているよう。

首肩だけ整体をして全体的にアロマトリートメントにしようかと思っていたところ、

予定以上に全体の整体を行いました。

 

若者も凝ってるな〜〜と実感させられたと共に、世の受験生をはじめ、体が硬くなって

勉強効率も落ちてしまっている子どもさんが実はいっぱいいるのではないかと

改めて感じ入りました。

 

毎日頑張っている娘さんの姿を見て、トリートメント行こうと声をかけてくれるお母様、

理解のある素敵な応援の仕方だなと嬉しくなった今日でした。

受験生はもちろん、そうでなくても健康を維持するのにメンテナンスが必要な時があります。

(現在rythmeの定期メンテに来てくれている最年少お客様は8歳です)

 

rythmeの売りである整体とアロマのいいとこ取りで、忙しくても時間とお金を節約できる

メリットをどうぞご活用ください

 

「鎌倉子育てガイド」に掲載されました

遡ること10年前、私たちが鎌倉に引っ越してきた時、

長女がちょうど幼稚園入学の時期でした。

海外で出産して帰国してきたこともあり、日本の子育てシステムが全くわからず、

縁もゆかりもなかった鎌倉という土地で、どこから手をつければいいのか戸惑っている時に、

この「鎌倉子育てガイド」に色々と情報を提供していただいて当時は随分と助けてもらいました。

http://report.kosogai.com/archives/9821423.html

 

やはり海外で身内に頼ることもできず、自分の体調とは無関係に24h365日一人で子育てした気分でいた私にとって、

ぜひ自分の時間を作って一時でも体をメンテナンスして欲しいと強く願ったところから私のアロマサロンはスタートしました。

ただでさえ家族が増えると自分以上に家族の健康を思い、自分のことを後回しにしてしまう女性のサガ実はそんな縁の下の力持ちが一番健康でないと周りに気遣う余裕が生まれないものです。

健康であることは不健康になって気づくことがほとんどですが、サロンでトリートメントを受ける時間が、半ば強制的に自分の体の声に向き合う機会となれば嬉しいです。

どうぞご自分をいたわってあげてくださいね。

オープン当初から、未就学児のいるご家庭は基本メニューが20%OFFでご利用いただいております。

http://report.kosogai.com/archives/9821423.html